JBIF:日本生物多様性情報イニシアチブ

パネル討論会

これからの日本の生物多様性情報インフラを考える

開催日時:2021年2月13日(土) 14:00 - 16:00
開催形式:Zoomによるオンライン会合

趣旨

2001年に設置された地球規模生物多様性情報機構GBIFは、設立20年を経過し、現在までの活動を評価するとともに、新しい戦略立案に向けて活動がスタートしました。一方、日本では2010年に名古屋で開催されたCOP10から10年が経過し、新しい国家戦略の立案に向けて活動が進んでいます。GBIFの日本ノードであるJBIFは、文部科学省/国立研究開発法人科学技術振興機構JST/国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMEDからの助成(ナショナルバイオリソースプロジェクトNBRP)を受け、国立科学博物館が運営するサイエンスミュージアムネットにて国内の標本情報を公開するとともに、GBIFにデータを提供してきました。この間、日本では、生物多様性情報について理解と公開が進み、現在では800万件近くのオカレンスデータが公開、利用できるようになり、データの活用も進んでいます。また、NBRPも令和3(2021)年度で第4期が終了します。一つの時代の区切りと新しい時代を迎えるにあたり、いままでの活動を振り返り、将来について考える機会を持ちたいと思います。

プログラム

時間 内容(敬称略) 発表
資料
14:00-14:10

諸注意

PDFファイル
14:10-14:30

講演1 「趣旨説明・いままでの活動を振り返る~GBIFの20年とJBIF~」
 国立科学博物館 細矢 剛

PDFファイル
14:30-14:50

講演2 「生物多様性国家戦略と生物多様性情報」
 兵庫県立人と自然の博物館 三橋 弘宗

PDFファイル
14:50-15:00

(休憩)

15:00-16:00

パネル討論 「これからの日本の生物多様性情報インフラを考える」
【司会】神保宇嗣(国立科学博物館)
【パネリスト】鈴木 まほろ(岩手県立博物館)、渡辺 恭平(神奈川県立生命の星・地球博物館)、持田 誠(浦幌町立博物館)、平田 慎一郎(きしわだ自然資料館)、大澤 剛士(東京都立大学)

PDFファイル

報告資料

右の目次から、報告資料(PDFファイルPDFファイル、約16MB)の各ページに遷移できます。

パネル討論会報告資料

申し込み方法

申し込み
下記のURLより事前にお申し込みください。
https://forms.gle/agbgvgB3Rd8S9pQG8
締め切り
2021年2月8日(月)9:00

主催:GBIF日本ノード