21世紀の生物多様性研究ワークショップ > 2010年ワークショップ
生物の学名と和名は何故ややこしいのか - 生物多様性情報探索のキー -
開催概要
日時: 2010年12月12日 (日) 13:00 - 17:00
場所: 国立科学博物館 日本館2階講堂 (上野)
主催: 国立科学博物館、東京大学大学院総合文化研究科、国立遺伝学研究所
後援: 日本分類学会連合、自然史学会連合
プログラム
時間タイトル発表者等(敬称略)要旨発表資料
13:00〜13:05開会挨拶   
13:05〜13:45名前はなぜデータベースの問題となるのか伊藤 希(筑波大学)
13:45〜14:25古くて新しい問題,目録の作成 ―日本昆虫目録の作成に従事して上田 恭一郎(北九州市立自然史・歴史博物館)
14:25〜15:00休  憩   
15:00〜15:40被子植物における科のコンセプト変更とその対応 ―APG体系への移行に関して伊藤 元己(東京大学)
15:40〜16:20生命科学分野のデータベース統合化と生物名称 ―データ・知識の共有に向けて川本 祥子(ライフサイエンス統合データベースセンター)
16:20〜16:55総合討論   
16:55〜17:00閉会挨拶