21世紀の生物多様性研究ワークショップ > 2008年ワークショップ
環境・生物多様性関連の大規模情報ネットワークの構築と利用
開催概要
日時: 2008年12月8日 (月) 11:00 - 17:10
場所: 国立科学博物館講堂 (上野)
主催: 国立科学博物館、東京大学大学院総合文化研究科、国立遺伝学研究所
後援: 日本分類学会連合、自然史学会連合
プログラム
時間タイトル発表者等(敬称略)発表資料
11:00〜11:10開会挨拶  
11:10〜11:50全球地球観測システム (Global Earth Observartion System of Systems (GEOSS))柴崎亮介(東京大学)
11:50〜13:30休  憩  
13:30〜14:10日本長期生態学研究ネットワーク(Japan Long-Term Ecological Research Network (JaLTR))日浦 勉(北海道大学)
14:10〜14:50海洋生物のセンサス(Census of Marine Life (CoML))藤倉克則・田中 克彦(海洋研究開発機構)
14:50〜15:10休  憩  
15:10〜15:50地球規模生物多様性情報機構(Global Biodiversity Information Facility (GBIF))伊藤元己(東京大学)
15:50〜16:30生物多様性観測ネットワーク(GEO BON)矢原徹一(九州大学)
16:30〜17:00総合討論  
17:00〜17:10閉会挨拶