21世紀の生物多様性研究ワークショップ > 2006年ワークショップ
生物多様性インフォマティクスを創出する
開催概要
日時: 2006年10月30日 (月) 9:30 - 16:30
場所: 家の光会館コンベンションホール
主催: 国立遺伝学研究所、東京大学大学院総合文化研究科、国立科学博物館
後援: 内閣府、外務省、文部科学省、環境省、農林水産省、分類学会連合、自然史学会連合、日本微生物資源学会、情報知識学会、科学技術振興機構
目的
このワークショップは、我が国も参画している国際協力事業である地球規模生物多様性情報機構(Global Biodiversity Information Facility (GBIF))が、 "Proof of Concept"を目的とした2006年までの第1期の成功を受けて、2007年から本格運用期である第2期へと発展していくことから、GBIFの活動の主要なテーマの一つである生物多様性インフォマティクスについて、国内外の専門家による講演を行うとともに、研究交流を促進することにより、GBIFの活動のさらなる発展に貢献するとともに、GBIFにより提供される生物多様性情報を我が国において十二分に活用していく国内研究コミュニティーを広げることを目指して企画しました。
プログラム
時間タイトル発表者等(敬称略)発表資料
9:30〜9:50GBIF の歴史、現状、あるべき未来像岩槻邦男 (ひとはく)
9:50〜10:10生物多様性情報基盤の確立にむけて: 本格運用に移行するGBIFデータポータルとその将来像伊藤元己 (東大)
10:10〜10:30国立環境研究所における生物多様性情報活動と今後の展開植弘崇嗣、清水英幸、松永恒雄、志村純子 (国環研)
10:30〜10:50休  憩  
10:50〜11:10日本の自然史博物館のネートワークによる自然史標本情報の発信松浦啓一 (科博)
11:10〜11:40生物多様性情報と生物資源情報のナショナルデータベースへの統合とデータ連携Kim, Chang-Bae (KOBIC)
11:40〜12:10生物多様性データベースの統合と地球規模データベースとの連携Shao, Kwang-Tsao (RCBAC)
12:10〜14:00休  憩  
14:00〜14:20Fish-BOL プロジェクトの概要宮 正樹 (千葉中央博)
14:20〜14:40農業景観調査情報システムRuLISの構築と生物多様性研究への適用山本勝利、楠本良延 (農環研)
14:40〜15:00生物多様性と遺伝的多様性森脇和郎 (理研)
15:00〜15:20休  憩  
15:20〜15:40生物多様性情報と環境省−現状と方向性−黒田大三郎 (環境省)
15:40〜16:00地球規模で見た GBIF の役割と現状星 元紀 (IUBS) 
16:00〜16:20閉会の辞菅原秀明 (GBIF)