JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

カテゴリ:干潟

http://www.env.go.jp/sogodb/

インターネット上に公開されている環境関連の情報であって、環境省などで継続的に調査を実施し、または情報を更新している数値情報、地図情報、事例情報又は辞典的情報を内容とするものを検索することができます。



http://snf.fra.affrc.go.jp/seika/snf06/snf0605.html

2003~2005年にかけて行われた、八代海全域の干潟と藻場の航空写真撮影と詳細な現地調査の結果を見ることができます。



http://www.isewan-db.go.jp/ise-kankyo/B2a_1.asp

湾内の現状や環境変化のメカニズムを把握するため、伊勢湾・三河湾・駿河湾に関する環境データを、誰もが公平かつ容易に利用できるよう構築されたデータベースです。
水質定点観測、伊勢湾海洋短波レーダーといった環境モニタリング情報や、伊勢湾・駿河湾の環境を知るための情報等を提供しています。伊勢湾流域の干潟の分布や面積の年変動も調べることができます。



https://www.env.go.jp/water/heisa/heisa_net/setouchiNet/seto/

豊かな瀬戸内海を目指して環境・水質・景観保全等を推進するために、瀬戸内海に関する環境情報や知識を提供しています。



http://mizukoku.nilim.go.jp/ksnkankyo/

河川やダム湖について、生物調査、環境基図作成調査、空間利用実態調査を行い、調査結果をデータベース化したサイトです。
生物調査では、魚類、底生動物、植物、鳥類、両生類・爬虫類・哺乳類、陸上昆虫類等、動植物プランクトン(ダム湖のみ)について調査しています。また、環境基図作成調査では、瀬・淵や水際部の状況等河川構造物を、空間利用実態調査では、河川・ダム湖空間の利用者数などを調査しています。



http://www.env.go.jp/water/heisa/heisa_net/setouchiNet/seto/kankyojoho/gyokaku/kankyuou2.htm

漁業、水産資源、漁場環境等に関する情報を各方面から収集し、その結果をメッシュ区分した海域へ配分して作成した図です。水深、底質、藻場、アマモ場、干潟等の項目があります



http://gis.biodic.go.jp/webgis/

環境省が実施している自然環境保全基礎調査(植生調査、河川・湖沼調査、海岸調査、藻場・干潟・サンゴ礁調査等)によって得られたデータなどをGIS化したもので、各種調査結果をグラフィカルに確認できるのはもちろん、複数のデータ重ね合わせ、任意地点の複数レイヤ属性の表示、住所による位置検索なども可能です。



   

« 有用サイトのトップへ戻る