JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

カテゴリ:自然景観資源

http://www.rfc.or.jp/seitai/seitai.html

生態学と河川工学の研究者が共同して創設した研究会で、生態学的な観点より河川を理解し、川のあるべき姿を探ることを目的として、テーマを設定して研究を進めています。



http://www.naro.affrc.go.jp/archive/niaes/sinfo/publish/niaesnews/074/news07407.pdf

RuLISは、各モニタリング地区における種、生態系、景観の各レベルにわたる詳細なデータを、体系的、効果的に収集・蓄積・利用するための枠組みとして構築されたシステムです。
ここでは、RuLISの概要と活用法を提示しています。



http://mizukoku.nilim.go.jp/ksnkankyo/

河川やダム湖について、生物調査、環境基図作成調査、空間利用実態調査を行い、調査結果をデータベース化したサイトです。
生物調査では、魚類、底生動物、植物、鳥類、両生類・爬虫類・哺乳類、陸上昆虫類等、動植物プランクトン(ダム湖のみ)について調査しています。また、環境基図作成調査では、瀬・淵や水際部の状況等河川構造物を、空間利用実態調査では、河川・ダム湖空間の利用者数などを調査しています。



http://www.eic.or.jp/

環境問題について知りたい、取り組みたい人の情報サイトです。

自然環境、地球環境、大気環境、水・土壌環境等のカテゴリに分け、環境に関する様々な情報を提供しています。



   

« 有用サイトのトップへ戻る