JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

種の分布記録にアクセスすることが、このGBIF データポータルの中核です。Occurrence Search Webページが提供する機能は、興味のある記録を検索したり、位置付けたりするための、複雑な探索を実行可能にするものです。
Occurrence Search Webページにアクセスするためには、データポータルのWebページのトップにあるOCCURRENCES をクリックしてください。ポータルの他の多くのWebページもこのWebページへリンクしており、いくつかの、初期の検索フィルターを設定しています。例えば、種のOverview Pageからのリンクの "Explore occurrences" は、その種の記録を探すために、Occurrence Search を開きます。

検索フィルターを使って

Occurrence SearchWebページは拡大されていますが、検索フィルターを加えたり、取り除いたりすることで、修正することはいつでも可能となります。
新たに、フィルターを加えることで、そのフィルターで特定された基準に合致した分布記録のみを表示するように制限することができます。
例えば、最初のフィルターを、イネ科の植物のみに適用させ、2番目のフィルターを南アフリカの記録のみに絞り込むように適用させることが可能となります。さらに多くのフィルターを加えることで、検索は詳細なものとなり、合致する記録の範囲は狭まってきます。
精密な検索が行われるようになると、現在使用されているフィルターのリストが、Webページの右上に表示されます。フィルターは、フィルターの右上のマイナス記号をクリックすることで、リストから削除することができます。
もし、フィルターのカテゴリーが2回適用されると(例:学名Panthera leoと学名Panthera tigris)、ポータルは、二者択一として、それぞれどちらかに合う記録を表示します。(すなわち、検索は、Panthera leo又は、Panthera tigrisに対して行われます。)
利用可能な全てのフィルターカテゴリーのリストは、下記のステップバイステップ ガイドに書かれています。

ステップバイステップ ガイド

1)Occurrence Search Webページを開くためには、各WebページのトップにあるOCCURRENCES を選択してください。

2)"Add search filter"の下のドロップダウンメニューからフィルターのカテゴリー(学名、分類、国、その他)を選択すると、ポータルは、自動的にそのフィルターに適した条件を提供します。

3)"Add filter"をクリックしてフィルターを設定します。この選択は、Webページの右上にある"Your current search" の下に、検索定義の一部として表示されます。

4)希望する全てのフィルターを設定したら、効力のあるフィルターのリストの下にある"Search"をクリックしてください。

5)ポータルは、その検索に合致した記録の数を表示します。(結果が少ない場合は正確な数を、そうでない場合は、1000以上の表示のみ)そして、幾つかのサンプルの結果(最大5つの記録)を表示します。

6)この時点で、検索を変更したり、修正したり、再試行したり、あるいは、その結果を用いて始めたりすることができます。ポータルは、利用可能なセットを表示します。

a. 地図上の記録を見る: 検索の結果を地図上に表示し、また、他の地域にもズームすることで、さらなる検索が可能となります。これらの地図の使い方についての詳細は、Maps in the GBIF portal(GBIFポータルのマップ)を参照してください。
b. 表として記録を見る: いかなる分布記録に対するOccurrence Detailビューのページを開くには、その結果を通したページをめくってください。(記録からの詳細、場所を示したマップ、その他のアクションへのリンクに関しては、View details of an occurrence record(分布記録の詳細を閲覧する)を参照してください。)
c. 結果をダウンロードする: XMLあるいはカンマ形式ファイルとして検索結果をダウンロードしてください。
d. 特定する: 特定の国、データプロバイダー、データセットからそれらの記録だけを見るために選択してください。
e. リスト: この検索から種が得られます。

利用可能なフィルターのカテゴリー

  • 学名 - 学名(又はその一部)を入力して、"is"と"is like"の間を選択してください。このフィルターは、生物の分類には関係なく、その名前に合致したあらゆる生物の記録を表示します。
  • 分類 - 分類ツリーから、生物の種又はグループを選択してください。このフィルターは、そのツリーの選択された部分にある全ての種の記録を表示します。
  • 国 - 該当するリストから国を選択してください。このフィルターは、それが座標を含んでいるかは関係なく、その国の記録を表示します。ただし、座標フィルター(バウンディングボックス、経度、緯度)を含んでいる場合は、結果は地理的記録に限定されてしまうので、注意が必要となります。
  • 地域 - 該当するリストから地理的地域を選択してください。このフィルターは、選択した大陸、海洋域などにある全ての国からの記録を表示します。
  • 主催国- 該当するリストから国を選択してください。このフィルターは、その国のデータプロバイダーが共有している記録を表示します。
  • バウンディングボックス - 緯度と経度を使って特定された長方形を選択するために、マップを利用してください。このフィルターは、与えられた長方形に地理的記録のみを表示します。
  • 緯度 - 緯度を入力し、"is", "greater than"、または、"less than"を選択してください。このフィルターは、その選択に合致した地理的記録のみを表示します。
  • 経度 - 経度を入力し、"is", "greater than",または、"less than"を選択してください。このフィルターは、その選択に合致した地理的記録のみを表示します。
  • 座標ステータス - "includes coordinates"を選択すると、地理的情報を持たない記録は除外されます。 又、"does not include coordinates"を選択すると、地理的情報を持った記録が除外されます。全ての記録を閲覧するためには、このフィルターは使わないでください。
  • 座標上の事象 - "issues detected"を選択すると、疑わしい座標を持った記録を特定することができます。そうでない場合は、"issues not detected"を選択してください。
  • プロバイダー - 該当するリストからデータプロバイダーを選択してください。このフィルターは、特定のプロバイダーの記録を表示します。
  • データセット - 最初に該当するリストから、データネットワーク、又は、データプロバイダーを、次に該当するリストからデータセットを選択してください。このフィルターは、選択したデータセットからの記録を表示します。
  • 採集あるいは観測日 - 開始日と終了日を入力するか、又は、"use specific date"を選択してください。このフィルターは、特定の日あるいは特定の期間に生じた記録を表示します。
  • 年 - 年と"is","before","after"を選択してください。このフィルターは選択に合致した年から記録を表示します。
  • 月 - 該当するリストから月を選択してください。このフィルターは、年に関係なく、特定した月の記録を表示します。
  • 機関コード - 機関コードと"is"または、"is like"を入力してください。このフィルターは、特定の機関コードを伴う記録を表示します。
  • コレクションコード - コレクションコードと"is"または、"is like"を入力してください。このフィルターは、特定のコレクションコードを伴う記録を表示します。
  • カタログ番号 - カタログ番号と"is"または"is like"を入力してください。このフィルターは、特定のカタログ番号を持った記録を表示します。
  • 記録の根拠- 該当するリストから記録(標本)、観察、生育状態、細胞質、化石を選択してください。このフィルターは、選択したタイプの生物や観察をもとに記録が表示されます。