JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

Darwin Core について

Darwin Core は、標本、観察データの標準交換形式であり、インターネットを通じてデータ共用するために使用され、GBIFプロジェクトでも採用されています。以下のようにいくつかのバージョンがあり、詳細は XML Schema で定義されています。

Darwin Core最新版の項目

要素名 説明 データ例
occurrenceID 標本・観察データレコードに割り振られるユニークID "urn:lsid:nhm.ku.edu:Herps:32", "urn:catalog:FMNH:Mammal:145732"
type リソースの性質 "StillImage", "MovingImage", "Sound"
modified データの最終更新日 "1963-03-08T14:07-0600", "2009-02-20T08:40Z", "1906-06", "1971", "2007-03-01T13:00:00Z/2008-05-11T15:30:00Z"
language リソースの言語 "en", "ja"
rights リソースのライセンス "http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/"
rightsHolder リソースのライセンスを保有している個人または機関 "The Regents of the University of California."
accessRights データアクセスに関するライセンス情報 "not-for-profit use only"
bibliographicCitation リソースに関する文献情報 "Ctenomys sociabilis (MVZ 165861)" for a specimen
references 参照している関連リソース "http://mvzarctos.berkeley.edu/guid/MVZ:Mamm:165861"
institutionID 内部で使用している研究機関ID
collectionID コレクションを識別するID。標本データの場合 Biodiversity Collections Index のID "urn:lsid:biocol.org:col:34818"
datasetID データセットに付与されるID "urn:lsid:biocol.org:col:34818"
institutionCode 研究機関コード "NIG", "RBRC"
collectionCode コレクションやデータセットを識別するコード "Mammals", "Hildebrandt", "eBird"
datasetName データセット名 "Grinnell Resurvey Mammals", "Lacey Ctenomys Recaptures"
ownerInstitutionCode データ所有者名または略称 "NPS", "APN", "InBio"
basisOfRecord データレコードの種類 "PreservedSpecimen", "FossilSpecimen", "LivingSpecimen", "HumanObservation", "MachineObservation"
informationWithheld 追加情報 "location information not given for endangered species", "collector identities withheld", "ask about tissue samples"
dataGeneralizations 測定情報に関する追加情報 "Coordinates generalized from original GPS coordinates to the nearest half degree grid cell"
dynamicProperties レコードの追加測定情報、事実、特長。キー・バリューペアで記載。 "tragusLengthInMeters=0.014; weightInGrams=120", "heightInMeters=1.5", "natureOfID=expert identification; identificationEvidence=cytochrome B sequence", "relativeHumidity=28; airTemperatureInC=22; sampleSizeInKilograms=10", "aspectHeading=277; slopeInDegrees=6", "iucnStatus=vulnerable; taxonDistribution=Neuquen, Argentina"
source オリジナルサイトのレコードを示すURL http://ww2.bgbm.org/herbarium/view_large.cfm?SpecimenPK=100611&idThumb=310161&SpecimenSequenz=1&loan=0
catalogNumber コレクション内のユニークID "2008.1334", "145732a", "145732"
occurrenceRemarks 標本・観察データに関する補足説明 "found dead on road"
recordNumber 標本・観察データが記録された時のID "OPP 7101"
recordedBy 標本・観察データの担当者(のリスト)、グループ、機関 "Oliver P. Pearson; Anita K. Pearson"
individualID 標本・観察データに責任を持つ個人またはグループ名 "U.amer. 44", "Smedley", "Orca J 23"
individualCount 標本収集、観測時点の個体数 "1", "25"
sex 標本・観察データの個体の性 "female", "hermaphrodite", "8 males, 4 females" Controlled vocaburaryの使用を推奨"
lifeStage 標本・観察データの個体のライフステージ "egg", "eft", "juvenile", "adult", "2 adults 4 juveniles" Controlled vocaburaryの使用を推奨"
reproductiveCondition 標本・観察データの最生成情報 "non-reproductive", "pregnant", "in bloom", "fruit-bearing"
behavior 標本・観察データが記録された時の個体の振る舞い "roosting", "foraging", "running"
establishmentMeans 標本もしくは観測データの個体の生成プロセス "cultivated", "invasive", "escaped from captivity", "wild", "native"
occurrenceStatus 標本・観察データの観測地における、同一分類種の観測記録の有無 "present", "absent"
preparations 標本の準備または保存方法(のリスト) "skin; skull; skeleton", "whole animal (ETOH); tissue (EDTA)", "fossil", "cast", "photograph", "DNA extract"
disposition 現在の標本の状況 "in collection", "missing", "voucher elsewhere", "duplicates elsewhere"
otherCatalogNumbers ある標本・観察データに以前割り振られたカタログ番号(のリスト) "FMNH:Mammal:1234", "NPS YELLO6778; MBG 33424"
previousIdentifications previouscatalognumber previouscatalognumber
associatedMedia 標本・観察データに関連する画像ファイルなどのURI(のリスト) "http://arctos.database.museum/SpecimenImages/UAMObs/Mamm/2/P7291179.JPG"
associatedReferences 標本・観察データに関連する文献情報のIDやURL "http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/322/5899/261", "Christopher J. Conroy, Jennifer L. Neuwald. 2008. Phylogeographic study of the California vole, Microtus californicus Journal of Mammalogy, 89(3):755-767."
associatedOccurrences ある標本・観察データに関連のある標本・観察データのID "sibling of FMNH:Mammal:1234; sibling of FMNH:Mammal:1235"
associatedSequences 標本・観察データに関連づけられた遺伝的配列情報の論文やID(のリスト) "GenBank: U34853.1"
associatedTaxa 標本・観察データに関連する分類、系統情報 "host: Quercus alba"
occurrenceDetails 非推奨項目
eventID 標本・観察データのイベント情報ID
samplingProtocol 収集方法 "UV light trap", "mist net", "bottom trawl", "ad hoc observation", "point count", "Penguins from space: faecal stains reveal the location of emperor penguin colonies, http://dx.doi.org/10.1111/j.1466-8238.2009.00467.x", "Takats et al. 2001. Guidelines for Nocturnal Owl Monitoring in North America. Beaverhill Bird Observatory and Bird Studies Canada, Edmonton, Alberta. 32 pp."
samplingEffort イベント中の作業メモ "40 trap-nights", "10 observer-hours; 10 km by foot; 30 km by car"
eventDate イベント発生の日時もしくは間隔 "1963-03-08T14:07-0600", "2009-02-20T08:40Z", "1809-02-12", "1906-06", "1971", "2007-03-01T13:00:00Z/2008-05-11T15:30:00Z", "2007-11-13/15", ISO 8601:2004(E)の使用を推奨。
eventTime イベント発生期間。 "14:07-0600" is 2:07pm in the time zone six hours earlier than UTC, "08:40:21Z" is 8:40:21am UTC, "13:00:00Z/15:30:00Z" is the interval between 1pm UTC and 3:30pm UTC.
startDayOfYear イベント開始日。1は1月1日、365は12月31日を示す。 "1", "365"
endDayOfYear イベント終了日。1は1月1日、365は12月31日を示す。 "1", "365"
year イベント発生年 "2008"
month イベント発生月 "1", "10"
day イベント発生日 "9", "28"
verbatimEventDate イベント発生日時(フリーテキスト) "spring 1910", "Marzo 2002", "1999-03-XX", "17IV1934"
habitat 生息地 "oak savanna", "pre-cordilleran steppe"
fieldNumber フィールドにおけるイベントに割り振られるID "RV Sol 87-03-08"
fieldNotes 論文のURIやイベントに関するメモ "notes available in Grinnell-Miller Library"
eventRemarks イベントに関する補足説明
locationID 採集地ID
higherGeographyID 採集地ID "TGN: 1002002" for Prov. Tierra del Fuego, Argentina
higherGeography Locality要素の情報よりもおおまかな標本の採集地名。 "South America; Argentina; Patagonia; Parque Nacional Nahuel Huapi; Neuquén; Los Lagos" with accompanying values "South America" in Continent, "Argentina" in Country, "Neuquén" in StateProvince, and Los Lagos in County.
continent 標本採取地・観測地の大陸 "Antarctica", ISO3166 Continent Codeの使用推奨。
waterBody 標本採取地・観測地の大洋 "Indian Ocean", "Baltic Sea", Getty Thesaurus of Geographic Namesの使用推奨。
islandGroup 標本採取地・観測地の島群 "Alexander Archipelago"。Getty Thesaurus of Geographic Namesの使用推奨。
island 標本採取地・観測地の島 "Isla Victoria"。Getty Thesaurus of Geographic Namesの使用推奨。
country 標本採取地・観測地の国 "Denmark", "Colombia", "España"。Getty Thesaurus of Geographic Namesの使用推奨。"
countryCode 国コード "AR" for Argentina, "SV" for El Salvador ISO 3166-1-alpha-2 country codesの使用推奨"
stateProvince 標本採取地・観測地の州、県 "Montana", "Minas Gerais", "Córdoba"
county 標本採取地・観測地の群、区 "Missoula", "Los Lagos", "Mataró"
municipality 市名など群よりさらに小さい管理地域名 "Holzminden"
locality 標本採取地・観測地の説明 "Bariloche, 25 km NNE via Ruta Nacional 40 (=Ruta 237)"
verbatimLocality 標本採集地・観測地(フリーテキスト) "25 km NNE Bariloche por R. Nac. 237"
verbatimElevation 標本採集地・観測地の最高海抜距離(フリーテキスト) "100-200 m"
minimumElevationInMeters 標本採集地・観測地の最低海抜距離(メートル単位) "100"
maximumElevationInMeters 標本採集地・観測地の最高海抜距離(メートル単位) "200"
verbatimDepth 標本採集地・観測地の水深(フリーテキスト) "100-200 m"
minimumDepthInMeters 標本採集地・観測地の水面からの最浅の距離(メートル単位) "100"
maximumDepthInMeters 標本採集地・観測地の水面からの最深の距離(メートル単位) "200"
minimumDistanceAboveSurfaceInMeters 参照している海抜表面からのより小さい距離(メートル) 1.5 meter sediment core from the bottom of a lake (at depth 20m) at 300m elevation; VerbatimElevation: "300m" MinimumElevationInMeters: "300", MaximumElevationInMeters: "300", VerbatimDepth: "20m", MinimumDepthInMeters: "20", MaximumDepthInMeters: "20", minimumDistanceAboveSurfaceInMeters: "0", maximumDistanceAboveSurfaceInMeters: "-1.5"
maximumDistanceAboveSurfaceInMeters 参照している海抜表面からのより大きい距離(メートル) 1.5 meter sediment core from the bottom of a lake (at depth 20m) at 300m elevation; VerbatimElevation: "300m" MinimumElevationInMeters: "300", MaximumElevationInMeters: "300", VerbatimDepth: "20m", MinimumDepthInMeters: "20", MaximumDepthInMeters: "20", minimumDistanceAboveSurfaceInMeters: "0", maximumDistanceAboveSurfaceInMeters: "-1.5"
locationAccordingTo 文献などの採集地の情報源 "Getty Thesaurus of Geographic Names", "GADM"
locationRemarks 採集地に関する補足説明 "under water since 2005"
verbatimCoordinates フリーテキストによるオリジナルの位置 "41 05 54S 121 05 34W", "17T 630000 4833400"
verbatimLatitude フリーテキストによるオリジナルの緯度 "41 05 54.03S"
verbatimLongitude フリーテキストによるオリジナルの経度 "121d 10' 34" W"
verbatimCoordinateSystem verbatimCoordinate, verbatimLatitude, verbatimLongitudeのデータの元になっている座標システム。Controlled vocabularyの使用を推奨。 "decimal degrees", "degrees decimal minutes", "degrees minutes seconds", "UTM"
verbatimSRS 空間参照システム名 "EPSG:4326", "WGS84", "NAD27", "Campo Inchauspe", "European 1950", "Clarke 1866"
decimalLatitude 標本収集地、観測地の緯度。-90~90の数値 "-41.0983423"
decimalLongitude 標本収集地、観測地の経度。-180~180の数値 "-121.1761111"
geodeticDatum 測地学データ "EPSG:4326", "WGS84", "NAD27", "Campo Inchauspe", "European 1950", "Clarke 1866"
coordinateUncertaintyInMeters 標本採集地、観測地の範囲、緯度・経度を囲んだ半径(メートル) "31", "70"
coordinatePrecision coordinateprecision coordinateprecision
pointRadiusSpatialFit 緯度・経度の位置の正確さ 0~1以下の数値。観測地と計測情報が完全に一致する場合1とする。
footprintWKT WKT (Well Known Text)形式の標本採集地、観測地情報 "POLYGON ((10 20, 11 20, 11 21, 10 21, 10 20))" 経度10度、緯度20度から経度11度、緯度21度の場所を示す。"
footprintSRS footprintWKTの空間参照システム名 "GEOGCS["GCS_WGS_1984",DATUM["D_WGS_1984",SPHEROID["WGS_1984",6378137,298.257223563]],PRIMEM["Greenwich",0],UNIT["Degree",0.0174532925199433]]"
footprintSpatialFit footprintWKTの正確さ 0~1以下の数値。観測地と計測情報が完全に一致する場合1とする。footprintWKTと計測情報が完全に一致する場合1とする。
georeferencedBy 標本採集地、観測地の地理参照システムを決めた人やグループ名 "Kristina Yamamoto (MVZ); Janet Fang (MVZ)", "Brad Millen (ROM)"
georeferencedDate 標本採集地、観測地の地理参照システムの決定日 "1963-03-08T14:07-0600"
georeferenceProtocol 標本採集地、観測地を測定した方法 "Guide to Best Practices for Georeferencing" (Chapman and Wieczorek, eds. 2006), Global Biodiversity Information Facility.", "MaNIS/HerpNet/ORNIS Georeferencing Guidelines", "BioGeomancer"
georeferenceSources 標本採集地、観測地を記載するのに使用した地図や地名辞書 "USGS 1:24000 Florence Montana Quad; Terrametrics 2008 on Google Earth"
georeferenceVerificationStatus 標本採集地、観測地の検証状況。Controlled vocabularyの使用を推奨。 "requires verification", "verified by collector", "verified by curator"
georeferenceRemarks 標本採集地、観測地やその測定方法に関する補足説明 "assumed distance by road (Hwy. 101)"
geologicalContextID 地層などの地質を示すID
earliestEonOrLowestEonothem 古代生物採集地の最も古い年代または最も低い地層名 "Phanerozoic", "Proterozoic"
latestEonOrHighestEonothem 古代生物採集地の最も新しい年代または最も高い地層名 "Phanerozoic", "Proterozoic"
earliestEraOrLowestErathem 古代生物採集地の最も古い時代または最も低い地層名 "Cenozoic", "Mesozoic" eraはeonよりも細かい時代を指定する。あるeonが複数のeraに分割される。"
latestEraOrHighestErathem 古代生物採集地の最も新しい時代または最も高い地層名 "Cenozoic", "Mesozoic"
earliestPeriodOrLowestSystem 古代生物採集地の最も古い時代または最も低い地層名 "Neogene", "Tertiary", "Quaternary" periodはeraよりも細かい時代を指定する。あるeraが複数のperiodに分割される。"
latestPeriodOrHighestSystem 古代生物採集地の最も新しい時代または最も高い地層名 "Neogene", "Tertiary", "Quaternary"
earliestEpochOrLowestSeries 古代生物採集地の最も古い時代または最も低い地層名 "Holocene", "Pleistocene", "Ibexian Series" epochはperiodよりも細かい時代を指定する。あるperiodが複数のepochに分割される。"
latestEpochOrHighestSeries 古代生物採集地の最も新しい時代または最も高い地層名 "Holocene", "Pleistocene", "Ibexian Series"
earliestAgeOrLowestStage 古代生物採集地の最も古い年代または最も低い地層名 "Atlantic", "Boreal", "Skullrockian"
latestAgeOrHighestStage 古代生物採集地の最も新しい年代または最も高い地層名 "Atlantic", "Boreal", "Skullrockian"
lowestBiostratigraphicZone 古代生物採集地の最も低い地層名
highestBiostratigraphicZone 古代生物採集地の最も高い地層名
lithostratigraphicTerms 古代生物採集地の石層
group 古代生物採集地の石層グループ名
formation 古代生物採集地の石層形成 "Notch Peak Fromation", "House Limestone", "Fillmore Formation"
member 古代生物採集地の石層構成群 "Lava Dam Member", "Hellnmaria Member"
bed 古代生物採集地の石層地
identificationID 学名付与情報のID
identifiedBy 分類情報を定義した人(のリスト)やグループ、組織 "James L. Patton", "Theodore Pappenfuss; Robert Macey"
dateIdentified 分類を定義した日時 "1963-03-08T14:07-0600", "2009-02-20T08:40Z", "1809-02-12", "1906-06", "1971"2007-03-01T13:00:00Z/2008-05-11T15:30:00Z", "2007-11-13/15" ISO 8601:2004(E)の使用を推奨
identificationReferences 学名付与情報の参照情報 "Aves del Noroeste Patagonico. Christie et al. 2004."
identificationRemarks 学名付与情報の補足説明 "Distinguished between Anthus correndera and Anthus hellmayri based on the comparative lengths of the uñas."
identificationQualifier 生物種同定の補足 For the determination "Quercus aff. agrifolia var. oxyadenia", identificationQualifier would be "aff. agrifolia var. oxyadenia"
identificationVerificationStatus 生物分類の証明状況 "0", "4"
typeStatus 命名タイプ(type status, typified name, publication) "holotype of Ctenomys sociabilis. Pearson O. P., and M. I. Christie. 1985. Historia Natural, 5(37):388"
taxonID 生物分類ID "8fa58e08-08de-4ac1-b69c-1235340b7001", "32567", "http://species.gbif.org/abies_alba_1753", "urn:lsid:gbif.org:usages:32567"
scientificNameID 学名ID "urn:lsid:ipni.org:names:37829-1:1.3"
acceptedNameUsageID 動物または植物で受け入れられている生物分類ID "8fa58e08-08de-4ac1-b69c-1235340b7001"
parentNameUsageID 上位の生物分類のID
originalNameUsageID 元々の学名命名ルールにおける学名ID "http://species.gbif.org/abies_alba_1753"
nameAccordingToID 参照先における生物分類ID
namePublishedInID 出版物における生物分類ID
taxonConceptID 生物分類概念のID
scientificName 著者や日付の情報付き学名 "Coleoptera" (order), "Vespertilionidae" (family), "Manis" (genus), "Ctenomys sociabilis" (genus + specificEpithet), "Ambystoma tigrinum diaboli" (genus + specificEpithet + infraspecificEpithet), "Roptrocerus typographi (Györfi, 1952)" (genus + specificEpithet + scientificNameAuthorship), "Quercus agrifolia var. oxyadenia (Torr.) J.T. Howell"
acceptedNameUsage 動物または植物で受け入れられている生物分類名 "Tamias minimus"
parentNameUsage 上位の生物分類名
originalNameUsage 元々の学名命名ルールにおける学名
nameAccordingTo 参照先における生物分類名
namePublishedIn 出版物における生物分類名
namePublishedInYear 学名が出版された年 "1915", "2008"
higherClassification セミコロンでつないだ分類階層情報 "Animalia;Chordata;Vertebrata;Mammalia;Theria;Eutheria;Rodentia;Hystricognatha;Hystricognathi;Ctenomyidae;Ctenomyini;Ctenomys"
kingdom 標本・観察データの界の情報 "Animalia", "Plantae"
phylum 標本・観察データの門の情報 "Chordata" (phylum), "Bryophyta" (division)
class 標本・観察データの鋼の情報 "Chordata" (phylum), "Bryophyta" (division)
order 標本・観察データの目の情報 "Carnivora", "Monocleales"
family 標本・観察データの科の情報 "Felidae", "Monocleaceae"
genus 標本・観察データの属の情報 "Puma", "Monoclea"
subgenus 標本・観察データの亜属の情報
specificEpithet 標本・観察データの種の情報 "concolor", "gottschei"
infraspecificEpithet 標本・観察データの最も低い分類の学名 "concolor", "oxyadenia", "sayi"
taxonRank 標本・観察データの分類名の情報 "subspecies", "varietas", "forma", "species", "genus"
verbatimTaxonRank 標本・観察データの分類名(フリーテキスト)
scientificNameAuthorship 標本・観察データの学名の著者や日付 "(Torr.) J.T. Howell", "(Martinovský) Tzvelev", "(Györfi, 1952)"
vernacularName 標本・観察データの一般名または、その国の言語による名前 "Andean Condor", "Condor Andino", "American Eagle", "Gänsegeier"
nomenclaturalCode 標本・観察データの学名の命名コード "ICBN", "ICZN", "BC", "ICNCP", "BioCode", "ICZN; ICBN"
taxonomicStatus 標本・観察データの学名の使用状況 "invalid", "misapplied", "homotypic synonym", "accepted"
nomenclaturalStatus 学名命名法の状況 "nom. ambig.", "nom. illeg.", "nom. subnud."
taxonRemarks 生物分類名に関する補足情報 "this name is a misspelling in common use"

Darwin Core 1.4の項目

Darwin Core 1.4の項目と最新版Darwin Coreの項目の関係はこちらに整理されています。

要素名 説明 最新版Darwin Coreの対応項目名
GlobalUniqueIdentifier 機関コード、各機関内の収集品別ID番号、収集品内のレコード別ID番号を組み合わせてユニークにしたID番号(GMT) occurrenceID
DateLastModified レコードの最終更新日(GMT) modified
InstitutionCode 機関コード institutionCode
CollectionCode 各機関内の収集品別ID番号 collectionCode
CatalogNumber 収集品内のレコード別ID番号 catalogNumber
CatalogNumberNumeric 収集品内のレコード別ID番号 catalogNumber
ScientificName 学名 scientificName
BasisOfRecord レコードの種類の略称
(O) 観察 (L) 生物種 (S)標本 (G)遺伝資源、種
basicOfRecord
InformationWithheld 追加情報 informationWithHeld
HigherTaxon 小種名(SpecificEpithet)より上位の分類名 higherClassification
Kingdom kingdom
Phylum phylum
Class class
Order order
Family family
Genus genus
SpecificEpithet specificEpithet
InfraspecificEpithet 亜種 infraspecificEpithet
InfraspecificRank 亜種以下のランク taxonRank
AuthorYearOfScientificName 学名の命名者と公表年 scientificNameAuthorship
NomenclaturalCode 命名法コード nomenclaturalCode
IdentificationQualifier 生物種同定の際の補足事項 identificationQualifier
IdentifiedBy カタログアイテムに学名を適用した人の名前 identifiedBy
DateIdentified 収集品の認識年月日 dateIdentified
TypeStatus 標本の命名基準 typeStatus
CollectingMethod 収集方法 samplingProtocol
ValidDistributionFlag 流通可能かどうかのフラグ establishmentMeans
CollectorNumber 収集時に標本を識別する番号 recordNumber
FieldNumber 収集品が認識される時に作成される素材の数 fieldNumber
Collector 標本または観察資料の採集者 recordedBy
EarliestDateCollected 収集されたもっとも古い日付 eventDate
LatestDateCollected 収集されたもっとも新しい日付 eventDate
VerbatimCollectingDate 収集日付(オリジナルのフリーテキスト) verbatimEventDate
DayOfYear その年の通日 startDayOfYear
FieldNotes 備考 fieldNotes
HigherGeography Locality要素の情報よりもおおまかな標本の採集地名。 higherGeography
Continent 標本の採集大陸 continent
WaterBody 標本の採集大洋 waterBody
IslandGroup 標本の採集島のグループ islandGroup
Island 標本の採集島 island
Country 標本の採集国名(ISO 3166-1基準の2文字のコード) country
StateProvince 標本の採集地(州、県など) stateProvince
County 標本の採集地 (群、区など) county
Locality 標本の採集場所 locality
DecimalLongitude 標本の採集地の経度 decimalLongitude
VerbatimLongitude 標本の採集地の経度(オリジナルのフリーテキスト) verbatimLongitude
DecimalLatitude 標本の採集地の緯度 decimalLatitude
VerbatimLatitude 標本の採集地の緯度(オリジナルのフリーテキスト) verbatimLatitude
GeodeticDatum 測地学的データ geodeticDatum
VerbatimCoordinateSystem 標本の採集地の緯度・経度の単位 verbatimCoordinateSystem
GeoreferenceProtocol 標本採集地の緯度・経度を測定した方法 georeferenceProtocol
CoordinateUncertaintyInMeters 採集地の範囲(緯度、経度座標を囲んだ地域の半径(メートル単位)) coordinateUncertaintyInMeters
GeoreferenceRemarks GeoreferenceProtocolの補足事項 georeferenceRemarks
MinimumElevationInMeters 採集地の最低海抜距離(メートル単位) minimumElevationInMeters
MaximumElevationInMeters 採集地の最高海抜距離(メートル単位) maximumElevationInMeters
VerbatimElevation 採集地の海抜(オリジナルのフリーテキスト) verbatimElevation
MinimumDepthInMeters 採集地の水面からの最浅の距離(メートル単位) minimumDepthInMeters
MaximumDepthInMeters 採集地の水面からの最深の距離(メートル単位) maximumDepthInMeters
VerbatimDepth 逐語的な採集地の水深 verbatimDepth
Sex 標本の性別
M=オス F=メス H=両性 I=不確定 U=不明 T=転移
sex
LifeStage ライフ・ステージ lifeStage
Preparations 標本のタイプ preparations
IndividualCount 標本の個体数 individualCount
OtherCatalogNumbers 別機関等により、既に識別されている収集品のカタログ番号 otherCatalogNumbers
Remarks 注釈 occurrenceRemarks
Attributes 特性 dynamicProperties
ImageURL 画像のURL associatedMedia
RelatedInformation 関連情報 occurrenceDetails

Darwin Core 1.2の項目

Darwin Core 1.2の項目と最新版Darwin Coreの項目の関係はこちらに整理されています。

要素名 説明 最新版Darwin Coreの対応項目名
DateLastModified レコードの最終更新日(GMT) modified
InstitutionCode(※) 機関コード institutionCode
CollectionCode(※) 各機関内の収集品別ID番号 collectionCode
CatalogNumber(※) 収集品内のレコード別ID番号 catalogNumber
ScientificName(※) 学名 scientificName
BasisOfRecord レコードの種類の略称
(O) 観察 (L) 生物種 (S)標本 (G)遺伝資源、種
basisOfRecord
Kingdom kingdom
Phylum phylum
Class class
Order order
Family family
Genus genus
Species specificEpithet
Subspecies 亜種 infraspecificEpithet
ScientificNameAuthor 学名の命名者 scientificNameAuthorship
IdentifiedBy カタログアイテムに学名を適用した人の名前 identifiedBy
YearIdentified 収集品の認識年 dateIdentified
MonthIdentified 収集品の認識月 dateIdentified
DayIdentified 収集品の認識日 dateIdentified
TypeStatus 標本の命名基準 typeStatus
CollectorNumber 収集時に標本を識別する番号 recordNumber
FieldNumber 収集品が認識される時に作成される素材の数 fieldNumber
Collector 標本または観察資料の採集者 recordedBy
YearCollected 標本の採集年 year
MonthCollected 標本の採集月 month
DayCollected 標本の採集日 day
JulianDay その年の通日 startDayOfYear
TimeOfDay 標本の採集時間 eventTime
ContinentOcean 標本の採集大陸または大洋 continent
Country 標本の採集国名(ISO 3166-1基準の2文字のコード) country
StateProvince 標本の採集地(州、県など) stateProvice
County 標本の採集地 (群、区など) county
Locality 標本の採集場所 locality
Longitude 標本の採集地の経度 decimalLongitude
Latitude 標本の採集地の緯度 decimalLatitude
CoordinatePrecision 採集地の範囲(緯度、経度座標を囲んだ地域の半径(メートル単位)) coordinatePrecision
BoundingBox データプロバイダーが経度と緯度より生成し、より正確な検索をするのに使用される情報 footprintWKT
MinimumElevation 採集地の最低海抜距離(メートル単位) minimumElevationsInMeters
MaximumElevation 採集地の最高海抜距離(メートル単位) maximumElevationInMeters
MinimumDepth 採集地の水面からの最浅の距離(メートル単位) minimumDepthInMeters
MaximumDepth 採集地の水面からの最深の距離(メートル単位) maximumDepthInMeters
Sex 標本の性別
M=オス F=メス H=両性 I=不確定 U=不明 T=転移
sex
PreparationType 標本のタイプ preparations
IndividualCount ロットまたはコンテナの数量 individualCount
PreviousCatalogNumber 別機関等により、既に識別されている収集品のカタログ番号 otherCatalogNumbers
RelationshipType この収集品と、関連する収集品との関係
例:parasite of, epiphyte on, progeny ofなど
relationshipOfResource
RelatedCatalogItem 関連するカタログ項目のID(InstitutionCode, CollectionCode, CatalogueNumberを空白で区切って連結したもの) associatedOccurrences
Notes 注釈(自由形式) occurrenceRemarks