JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

2017年ワークショップ

生物多様性情報の標準化と利便性

開催概要

日時:2017年12月9日(土) 13:00 - 17:00 (受付開始 12:30)
場所: 国立科学博物館 上野本館 日本館講堂(2F)

ワークショップの趣旨

生物多様性情報を共有するためにはどんな情報を標準化するか、また、情報の標準化のあり方には、他にどんなものがあるのか。標準化によって、どんな便利なことがあるか考えてみましょう。

プログラム

時間 タイトル 発表者所属機関 発表者
(敬称略)
発表
資料
13:00-13:10 開会あいさつ・趣旨説明 国立科学博物館 細矢 剛
13:10-13:40 ダーウィンコア入門 ~標本ラベルから地球規模生物多様性情報へ~ 国立科学博物館 大野 理恵
水沼 登志恵
13:40-14:10 生物多様性情報の標準データフォーマットDarwin Core Archiveと生態学データに適合させる拡張形式 "Sample-based Data" 農研機構 大澤 剛士
14:10-14:40 休  憩    
14:40-15:10 GBIFの分布データが可能にする生態学研究 ~世界から日本へ・現在から過去へ~ 東北大学 大野 ゆかり
15:10-15:40 GBIF APIを使う 筑波大学 伊藤 希
15:40-16:10 GLAM(Galleries, Libraries, Archives, Museums)が有する資料情報の専門性と標準性がもたらすもの 東京工業大学博物館 阿児 雄之
16:10-16:40 ジャパンサーチ構想における分野横断メタデータ 国立国会図書館 奥田 倫子
16:40-17:00 総合討論・質問
17:00 閉会あいさつ 東京大学大学院 伊藤 元己

申し込み方法など

定員(対象)
80名(大学生以上をおすすめします)※専門的な内容を含みます。
申し込み
国立科学博物館のホームページ「イベントカレンダー」から12/9をクリックした先、「12/9のイベント一覧」から、21世紀の生物多様性研究ワークショップ「生物多様性情報の標準化と利便性」に移動し、「申込方法」の右欄にある「WEB」をクリックしてお申込みください。(定員になり次第締め切り)
参加費
通常入館料(一般・大学生620円、高校生以下・65歳以上無料)が必要です。
※国立科学博物館大学パートナーシップ入会大学・学校の学生の皆様は学生証を提示していただければ、無料で入館できます。
問い合わせ先
s-net_info [at] kahaku.go.jp ([at]を@に変えてください)

主催:国立科学博物館/東京大学大学院総合文化研究科、共催:国立遺伝学研究所