JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

2014年ワークショップ

日本と世界の生物多様性情報学の現状と展望

開催概要

日時: 2014年12月13日 (土) 13:00 - 16:40
場所: 国立科学博物館 上野本館 日本館講堂(2F)

ワークショップの趣旨

地球規模生物多様性情報機構(GBIF)が 2012 年に出版した「地球規模 生物多様性情報概況(GBIO)」は、世界の生物多様性情報学の現状を評価し、将来展望を議論し た文書で「地球規模生物多様性概況(GBO)」と対をなす文書です。この文書の翻訳をもとに、 本書の内容をレビューするとともに、日本における生物多様性情報学の現状と将来展望について 考えます。

プログラム

時間 タイトル 発表者所属機関 発表者(敬称略) 発表
資料
13:00-13:30 開会あいさつ・イントロダクション 国立科学博物館 細矢剛 PDFファイル
13:30-14:00 フォーカスエリア A:文化~情報を共有 し、オープン化する土壌を培うには~ 国立科学博物館 神保宇嗣 PDFファイル
14:00-14:30 フォーカスエリア B:データ~標本や文書 のデジタル化の推進~ 国立科学博物館 細矢剛 PDFファイル
14:30-15:00 フォーカスエリア C:証拠~デジタル化さ れたデータがもたらすもの~ 東京大学 伊藤元己 PDFファイル
15:00-15:30 休  憩    
15:30-16:00 フォーカスエリア D:理解~証拠に基づく 生物多様性のトレンドの予想~ 国立環境研究所 山野博哉 PDFファイル
16:00-16:30 パネル討論      
16:30-16:40 閉会挨拶 東京大学 伊藤元己