JBIF:地球規模生物多様性 情報機構日本ノード

2013年ワークショップ

外来種・移入種と生物多様性情報

開催概要

日時: 2013年12月14日(土) 13:00 - 16:00
場所: 国立科学博物館 日本館2階講堂(上野)

ワークショップの趣旨

地球規模生物多様性情報機構(GBIF)は、全生物の多様性情報を集積して公開する機関です。集積している情報の中には生物の分布情報があり、さまざまな利用(分布の把握、分布予測、気候変動の影響など)に供されています。
GBIFの日本ノードであるJBIFは、GBIFと生物多様性情報のプレゼンスを高めるため、毎年、生物多様性情報を利用した活動や利用法についてのワークショップを開催しています。本年は、「移入種・(侵略的)外来種」に関わる問題を取り上げます。

プログラム

時間 タイトル 発表者所属機関 発表者
(敬称略)
発表
資料
13:00-13:15 開会挨拶・GBIFご紹介 国立科学博物館 細矢 剛
13:15-13:55 外来生物の分布拡大予報:現状と将来展望 横浜国立大学 小池 文人 PDFファイル
13:55-14:35 外来生物と分布情報システムとの親和性:滋賀県での取り組みを例に 滋賀県立琵琶湖博物館 中井 克樹 PDFファイル
14:35-15:00 休  憩    
15:00-15:40 アジアからの(?)侵略的外来種:トネリコ立ち枯れ病に学ぶこと 国立科学博物館 細矢 剛 PDFファイル
15:40-16:20 遺伝子情報から追う外来生物分布拡大の足跡 国立環境研究所 五箇 公一 PDFファイル
16:20-16:55 総合討論    
16:55-17:00 閉会挨拶 東京大学大学院
総合文化研究科
伊藤 元巳